エステの歴史.com


昔と今のエステとサロンの選び方

エステという言葉は最近流行りだしたかのように思われていますが、歴史的にはとっても古く紀元前数千年前から行われており、今でいうところのエステのような施術が女性たちにされていました。 日本でのエステは、フランスでトリートメント技術やマッサージ技術を勉強してきた人たちが、1970年代の明治時代の頃に取り入れたのが始まりとされています。
そして現代では、リラクゼーションを取り入れたエステや、アロマテラピーのように体内治癒力を高めるためのエステが話題となっていて、エステは日々進化し続けています。 昔のような美容だけにとどまらず、心身共にストレス解消をしてリラックスもしてもらうためにサロンが現代では増えてきています。エステサロンへ行く目的というものは、お肌をきれいにしたいだとか、痩せるためであったり、リラックスしたいからなどという様々な理由があるかと思いますが、その人その人によって目的が変わってくるので、サロンもエステのメニューも様々に変わってきています。
自宅で行うのかサロンに通うのかによっても変わってくるであろうし、1回だけではなく継続していくことも考えて、自分に合ったサロンをいろいろと調べてみて選ぶことをオススメします。そして、サロンだけでなく自宅でも自分磨きを怠らないようにすることが美容の秘訣です。
※ 最近流行の脱毛専門エステ「エピレ」の口コミや評判はこちら・・・エピレ 口コミ



ページTOPへ